支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡

公開日:2020-04-23

はじめに

現代ではITは私たちの生活や仕事に欠かせない存在となっております。まもなく5Gの時代がやってきます。5Gになることにより今後ますます回線速度が早くなり今まで不可能であったことが実現できるようになります。これらが可能になるのもITが進化しづけるおかげであり、それを支えるのエンジニアです。現在エンジニアは人手不足であり必要としている企業なども沢山います。今回はバックエンドエンジニアについて紹介していきます。

バックエンドエンジニアとは

バックエンドエンジニアとはプログラミング言語を使用してシステム開発をしているエンジニアのことを指します。主に一般の人では見えないシステムを開発します。多くの方が使用している大手ショッピングサイトやチケット等の予約システムもバックエンドエンジニアがシステム開発をすることにより、機能が動いています。 次はバックエンドエンジニアの業務内容を紹介します。

業務内容の一例

・サーバー構築 バックエンドエンジニアはサイトを作成する際に必要とされるサーバーを構築します。サーバーマシンの選択やサーバーソフトウェアのインストールをしたりしてどういうふうにサーバーを作ろうかなども決めます。 ・データベース構築 大量の個人情報や何かしらの情報を持っているのがデータベースでありこれらを素早く取り出すにはデータベースはとても役に立つ存在です。そのような便利なものを作成したり実用できるようにすためにデータベースを構築します。 ・システムの開発 普段利用しているインターネットでのショッピングやオンライン予約など想像すると分かりやすいと思いますが、オンラインで予約してもきちんとその予約システムが稼働していないとトラブルになったりします。予約したのに実際にはシステムが正しく処理されず当日になって予約できていないと言われても困りますよね。このような事態になるのを未然に防ぐため正しい処理をしてくれるシステムを開発する必要があります。通常これらのシステムは目では確認できないのでバックエンドエンジニアが必要不可欠です。 以上がバックエンドエンジニアの業務内容の一例紹介でした。次にバックエンドエンジニアの必要なスキルについて紹介していきます。

スキル

ここではバックエンドエンジニアのスキルについて紹介していきます。 ・プログラミング言語 やはりエンジニアといったらプログラミングのイメージが高いと思われます。システム開発やホームページ作成する際も必須です。未経験の方はまずプログラミング言語の知識から始めなければなりません。プログラミング言語は一つではなくたくさんの種類が存在するので案件で多い開発言語のJavaやC言語を学習した方がいいでしょう。 ・データベース データベースは大量の情報を保存や取り出す際に便利な機能です。同じようなものでエクセルがありますが、システム開発ではデータベースを使用することが基本です。データベースエンジニアも人気があるので学習して損はないでしょう。 ・フレームワーク システム開発をする際に便利なアイテムです。プログラミング開発の仕事によってはたくさん記述する場合があります。作成したプログラムは正しく動かないといけません。しかし完成した後にテストをするとエラーなどが発生した際にどこの文が間違いなのか探すのに苦労するし他人が見ても難しいでしょう。フレームワークを使用しプログラミングをすると、どこの文がおかしい等エラーの箇所の指摘をしてくれるのでシステム開発がしやすい環境を得ることができます。案件や企業によって使用するフレームワークが異なるので3種類ぐらいのフレームワークの知識があるといいでしょう。 以上が簡単なバックエンドエンジニアが求められているスキルです。

終わりに

以上がバックエンドエンジニアについての紹介でした。現在ITが物凄い速さで進化し続けておりますが、エンジニアが不足しております。需要はまだまだありますのでエンジニア職を募集したり外部で募集するなどしてIT社会に対応する技術をつけてはいかがでしょうか。 ありがとうございました。