支援対象地域:札幌、仙台、関東、愛知、関西、広島、福岡
  • TOP
  • >
  • コラム
  • > PHP案件の種類について解説!必要なスキル・知識は何?

公開日:2020-06-29「PHP案件の種類ってどんなものがあるんだろう?」本記事はこのような疑問を持った、フリーエンジニアに興味のある方を対象としております。フリーエンジニアになりたいと思うものの「自分にやっていけるだろうか……」と不安に感じることも多いですよね。特に自分が今まで身につけてきた技術がフリーになっても通用するか気になるはず。PHPのスキルがあっても、案件の種類によってはできないことももちろんありますからね。 そこで本記事ではPHPの案件の種類について解説していきます。加えて、PHP案件の特徴や相場単価についても紹介しますね。本記事には自分の技術でフリーランスとしてやっていけるかどうか、がわかるヒントが隠されています。ぜひ最後まで読んで頂いて、フリーエンジニアとして働くかをどうか検討してみてくださいね。

PHP案件の種類は大きく分けて4つ

フリーランス向けのPHP案件にはどのような種類があるのか。結論から言うと、以下の4種類の案件が多くあります。
  • webサイト開発
  • ECサイト開発
  • ソーシャルゲーム開発
  • 業務システム開発
これ以外の案件もありますがそこまで多くはないので、だいたいこの5種類があると捉えてください。4種類の中でどれか1つ開発経験があるなら、それを活かすことができるでしょう。それでは1つ1つの案件の種類について、どんな規模の会社が多いのか、どんな技術か必要なのか、など詳しく解説していきますね。

webサイト開発

SNSや動画配信サービスといったwebサービスを開発する案件です。開発規模は大きいものから小さいものまで様々であり、必要な技術も案件によって変わってきます。 ただCakePHPなどのフレームワークやLAMPでの開発経験などは必須であることが多いです。またプログラマーというよりシステムエンジニアよりの案件の場合は、設計書の作成経験が求められることも。ほかには、大規模なweb開発の場合、負荷調査やパフォーマンスチューニングの経験があると喜ばれることがあります。 いずれにせよ、webサイト開発の案件はかなりの数あるため、フリーエンジニアの方ならまず見ておくことになるでしょう。

ECサイト開発

楽天市場やAmazonのサイトのようなECサイトを開発する案件です。ECサイトに関する開発経験が求められるのはもちろんですが、X/UIついての意識やスキルが求められることもあります。UX/UIを意識することでサイトの利便性が向上し、集客率アップなどに繋がります。以前はUX/UIはそこまで注目されることはなかったのですが、近年webサービスを新しく立ち上げる企業が増加しているため、他の差別化をはかるために細かい仕様も気にする必要が出てきたのです。 ほかには、ユーザーデータを管理するためのMySQLのスキルが必須だったり、フロントエンド側の開発も任される場合javascriptのスキルも必要だったりしますね。このような技術が求められるのがECサイト開発です。

ソーシャルゲーム開発

スマホやパソコンで遊べるソーシャルゲームを開発する案件です。ゲーム企業もフリーエンジニアを募集しているケースが多く、そういった案件に応募すればゲーム開発に携わることができます。最近のソーシャルゲームは予算を多くかけるケースが多いため、小規模なゲーム会社の案件は少なめとなっていますね。 ゲーム開発の場合、プログラミングスキルももちろんですが、なによりゲームが好きであること、ユーザーに面白い体験をしてもらいたいという気持ちがあることが大切です。「ここはもっとこうしたら面白くなるんじゃないか」というエンジニア目線からの意見が求められることもあります。このようにソーシャルゲーム開発はエンジニアとしてのスキルだけでなく、ゲーム開発に意欲的なことが重要です。

業務システム開発

業務をスムーズに行うためのシステムを開発する案件です。一般ユーザーに使ってもらうシステムではなく、主に会社で使うシステムを開発します。たとえば、販売数を社内管理するシステムを開発したり、社員の給与を計算するシステムを開発したり。こういったシステムはJavaで作られることが多いですがPHPでも作ることは可能なため、案件もそれなりの数存在します。 業務システムを開発する案件の場合、要件定義からリリース・保守まで一貫して関わった経験が求められることが多いです。このような、会社で使うシステムを開発する案件もPHPには多くあります。

PHP案件の単価

PHP案件の平均単価が気になる方も多いと思われます。PHP案件の単価はだいたい月に25万~80万であることが多いです。 PHPでの開発経験が2~3年ぐらいだと月30万ぐらいになりますが、ベテランのフリーエンジニアの場合は月80万以上もらえるケースもあります。他の言語と比べるとPHP案件の単価は高めです。ただし、リモートワークの場合は他よりも少し単価が下がる傾向がありますね。

PHP案件の3つの特徴

PHP案件の特徴について紹介します。他の言語の案件と比べて、PHP案件はどのような特徴を持っているのでしょうか?PHP案件には次の3つの特徴があります。
  • 他の言語よりも案件数が多い
  • 在宅案件は少なめ
  • PHP以外の技術が必要な場合もあり

他の言語よりも案件数が多い

PHP案件は他よりも案件数が多いのが特徴であり、この特徴がもっともフリーエンジニアにとっては重要と言えます。案件数が多いということは、それだけ選択肢が多いということでもあり、またエンジニア間で案件の取り合いになりにくいということ。 なぜ案件数が多いかというと、PHPという言語はJAVAやCなどと比べ学習コストが低く、簡単にコードを書けるというメリットがあるからです。またPHPにはCakePHPをはじめ優秀なフレームワークが多くあり、開発にかかる期間を減らすことができます。PHPにはこのような特徴があるため、採用する企業が多く、案件数の増加に繋がっているのです。

在宅案件は少なめ

PHP案件は在宅案件もあることはありますが、そこまでたくさんあるとは言えません。フリーエンジニアになりたい理由に「在宅で働きたいから」を挙げる人は多いと思いますが、残念ながら在宅案件は少ないのが現状です。なぜなら、信頼のおける人物でないと1人で自宅での開発を任せることが難しいからですね。 ただ、最近では感染症の流行の影響もありリモートワークが注目を集めていますので、今後在宅案件が増えていく可能性はあるかもしれません。しかしながら、現状では在宅案件はまだまだ少ないのです。

PHP以外の技術が必要な場合もあり

PHP案件の場合、PHP以外の技術が必要なことも多いです。たとえば、webサービスを開発する場合にデータを管理するためのMySQL、サイトデザインを調整するためのJavaScriptなどの技術が必要になるときがあります。こういった技術を身につけておけば、案件獲得の確率が高まります。もちろん、最初からすべての技術を身につけるのは大変ですので、フリーエンジニアとして働きながら徐々にスキルを増やしていくのが良いですね。

まとめ

本記事ではPHP案件の種類について解説しました。あらためてPHP案件にはどんな種類かあるかおさらいしておきましょう。
  • webサイト開発
  • ECサイト開発
  • ソーシャルゲーム開発
  • 業務システム開発
こういった開発を行った経験があるなら活かすことができます。また開発経験がない場合も、開発に興味があることを示したり自分で簡単なサービスを作ってみたりすることで、案件が獲得できるかもしれませんよ。本記事がフリーエンジニアを目指そうと思っている方にとって有意義なものとなれれば幸いです。